2021年 5月のメッセージ 担当:高田 康輔

5月のメッセージを担当させていただくカウンセラーの高田です.よろしくお願いいたします.

 

さて、昨年度からコロナ問題が改善されない状況が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか.

昨年度はまだ、「一年我慢すれば」「来年には」という期待もある中で色々なイベントや働き方など我慢をされてきたかと思いますが、2年目になり「いつまで続くのか」「今までの日常は戻ってくるのだろうか」そんな不安な日々が続いているかと思います.

期限がわかっている我慢とそうでない我慢では辛さが何倍も違うように感じる日々です.

 

このような状況が続く中ですが、皆さんはこのコロナ禍でのご自身なりの楽しみ方やおうち時間の過ごし方は見つかりましたでしょうか?

ショッピングやレジャーなど戸外での活動が制限された分オンラインでの様々なサービスの普及がめざましいですね.私自身もネットを通じての映画鑑賞や買い物、読書などを楽しんでいます.

しかしながら、やはり体も動かしたいなという思いもあり、庭で土いじりをするようになりました.まずは最初に雑草抜きから始めました.年に何度かは行なっていたのですが少しするとすぐに生えてしまうので、庭の至る所に雑草のまとまりがあり苦労しました.通勤で出かける以外にあまり動かなくなってしまった身体に中腰の姿勢での作業は大変でしたが、一通り抜き終わるとなかなかの達成感のある作業で、これから自分で考えて野菜などを植えるのが楽しみになりました.

次に、苗や土、プランターなどを近くのホームセンターに買い出しに行きました.色々な種類の苗がありとても迷うところでしたが、これから暑くなるのでトマトやゴーヤ唐辛子など夏に向けて食べたくなるような野菜を選び購入しました.

今回は、新しく買った苗とともに前から鉢植えで育てていたガジュマルとオリーブも鉢を大きくしてみることにしました.ガジュマルに至っては少し枯れ気味で心配もあったのですが土も新たにして植え替えを行いました.トマトと唐辛子はプランターに、ゴーヤは地植えにしてそれぞれの作業を終えました.大人になるとあまり触れることのない冷たくて粘り気のある濡れた土や乾いてサラサラしている土の手から感じられる生の感触、体を動かすことで少し汗をかいたことがなんとも懐かしいような清々しいような気分にさせてくれリフレッシュできました.

ちなみに、ガジュマルとオリーブは土などを変えたことが良かったのか新しい目を出したり花芽をつけるなど元気を盛り返してくれました!!

 

f:id:abemarico:20210517201040p:plain

f:id:abemarico:20210517201055p:plain

皆様も、オンラインのおうち時間も楽しいお時間でしょうがおうちの周りやベランダでできるような“生命”を感じられるような楽しみを体験してみるのはいかがでしょうか?

2021年 4月のメッセージ 担当:小田

こんにちは、4月のメッセージを担当いたしますカウンセラーの小田です。

コロナ禍も気づくと一年が経っていました。

満開の桜の花を見て、人間たちの右往左往をよそに、自然のプロセスや四季の移り変わりはいつもどおりに営まれているのだと知って、少しホッとするような気持ちがします。

それと同時に、仲間の素顔を見ながらお花見ができる日はいつなのかと、待ち遠しい気持ちになります。

 

寒くて縮こまるような冬が終わって、ようやく春を迎え、あたたかくなってきました。

だいぶ慣れたとは言え、変わってしまった生活様式はまだまだ不便に感じますが、少しずつ日が長くなって穏やかになっていく気候に、気持ちがほころんできます。

それと同時に、春は出会いと別れの季節。卒業式や就職、転職、異動、引越などのいろいろなイベントがあったり、環境の変化に適応しなければならない人もいるでしょう。

さらに春は急な気圧や温度の変化もあります。花粉症が辛い方もいるかと思います。(私自身も気圧の変化にも花粉にも弱くて、この時期は大変です。)

 

せっかくの春なのになかなか思い通りにいかないこともあるかと思いますが、少しでも心穏やかに過ごせると良いなぁ、と思います。

日常はなぜだかせわしないものですが、ほんの少し2分でも3分でも、それも難しければほんの10秒でも(!)時間を見つけて、ゆっくりとお茶を飲んで味わったり、お散歩して風の感覚や鳥の声や景色を楽しんだりしたいと思っています。

呼吸をほんのちょっとだけ深くして、五感を働かせて、思考のグルグルを止めてあげられると、頭も身体もフワっと軽くなります。

これは今流行りの「マインドフルネス」の一種なのですが、意識的にこうした時間を作ることを習慣にするのがおすすめです。

もちろん、人によって合う合わない、タイミング、体調などもありますので、ご自身の感覚を大事に、無理のない範囲で行ってみてください。

もっと詳しく知りたい方は、ぜひカウンセラーにお尋ねください!

 

f:id:abemarico:20210402185227j:plain

 

2021年 3月のメッセージ 担当:阿部雄貴

カウンセラーの阿部雄貴です。

 

さて、あいかわらず緊急事態宣宣言が継続中ではありますが少しずつ春の訪れを感じることのできる場面が増えてきました。

 

今年の3/11で東北の大震災からちょうど10年ということで、もうそんなに経ってしまったのかという気持ちと、遠い昔のことのように感じる気持ちと、どちらもあるように感じます。

 

関東も震源地から距離があったとはいえ、計画停電や放射能汚染への不安、社会的閉塞感など当時すごく感じていたことを憶えています。

 

被災地の映像やテレビCMもずっと同じものが流れていたり、地震速報の怖い音に恐怖したりしんどい時間を過ごしていました。

またその時にも【自粛】というキーワードはそこかしこで聞かれました。

 

その時も何か行動を一つする時に周りの目や自分自身、望ましい行動が取れているのだろうかという葛藤が常にありました。

 

そして今も常に葛藤はありますが、感染を拡げないように最大限配慮しつつ、自分の人生を生きることも大事だと思うので、どちらも意識しながら有限な時間を少しでもより良いものにすることが大切なのかなと考えています。

 

阿部真里子臨床心理オフィスが大切にしている考え方の中に河野良和先生が提唱していた「マイナス思考大成功法」というものがあります。

 

ざっくり簡単に説明しますと、不安な気持ちなど一見不要に感じるようなネガティブな感情も排除しようと躍起になるのではなく、自分にとってそれも大事な感情であると考え、あえて大切にしようというような考え方です。

 

マイナスな側面も眼を逸らさず好ましいものと受け止めた上で、プラスの方向を向くようにしてみるという考え方は個人単位でも社会単位でも安定的でいられる考え方の一つになり得るのではないかなと思っています。

 

そんな中ではありますが機会があり先日フルサイズの一眼レフカメラを購入しました。

f:id:abemarico:20210312115607p:plain


まだまだ初心者なので右も左も分からないのですがワクワクしながらシャッターを切っています。

初めて撮影した写真を載せておきます。

f:id:abemarico:20210312115523p:plain


今年は桜や春の風景をたくさん撮影してみたいなと考えています。

オフィスの写真も少し腕が上がったら撮影していけたらいいなと思っております。

 

この文章をご覧になっている皆様も少しでもよい時間が過ごせるようお祈りしております。

 

 

 

2021年 2月のメッセージ 担当:斯波涼介

こんにちは。カウンセラーの斯波です。

 

繰り返し言われていることではありますが、現在もまだ、世界は新型コロナウイルス感染症によって、大変な状況となっています。

これまで「あたりまえ」とされていたことが「あたりまえ」ではなくなり、新しい生活習慣、新しい時間の使い方を模索せざるを得ない状況かと思います。

私の住まいのある地域では緊急事態宣言が出されており、飲食店は20時までの限定営業をおこなっている状態です。そのため、仕事が少し長引いた時など、今までならば簡単に外食できたものが、そう簡単にはできなくなってしまいました。

お店には入れたとしても、アルコール提供は19時までとされているので、これまでならば「ちょっとビールでも飲んでのんびり」というのも難しく、急いで食事のみ済ませて帰宅、というふうにしなければならない場合がほとんどです。もちろん、それすら間に合わないことも少なくありません。

 

また、この変化は、そういった「実際の動き」だけでなく「考え方」にも及んでいるかもしれません。いま外食の話を書きましたが、外食であれば、たしかに「アルコール提供は19時まで、営業時間は20時まで」と要請されています。つまり逆に言うと「19時までならば、アルコールを注文しても良い」ということです。でも、だからといって「19時までならいいんでしょ?」とばかりに外食しまくり、お酒を注文しまくり……という行動をとると、それはそれで憚られるというか、眉をひそめられてしまうというか……。少なくとも「あまりいい行動ではない」という目を向けられてしまうのではないでしょうか。

 

また「食事のしかた」に関する考え方も変化しています。「黙食」という言葉が流行しだしたように、食事は現在「少人数で、すみやかに」済ませることが良しとされている風潮があります。つまり、たとえ19時以前の時間であっても「大勢で飲食店を訪れ、おしゃべりをしながら楽しく食事をする」という行動は、少なくとも現在は「良くないこと」とされるような風潮があるように思います。

 

いろいろな、それまでは「あたりまえ」であった行動を、ひとりひとり(または集団)が考え直し、場合によっては改める必要があったりするのかもしれません。

けれども、あまりにそういうことを常に考え続けるというのも、心の健康ということを考えた場合、「どうなんだろう……」という思いがよぎります。

人間には感情があり、ストレスを抱えることもあります。現在いろいろなことを「我慢」しなければならない状況なのは事実ですが、あまりにあらゆることを「我慢」しすぎてしまうと、それはそれで心は元気を失ってしまうことがあるかもしれません。

 

 

つまり結局、うまくバランスをとることが大切なのだろうな、と思います。「コロナなんて知ったこっちゃねえよ!」なんて言ってしまってはもちろんダメなのですが、でもだからといって「ガマン我慢!」と、我慢一辺倒になってしまって、元気を失うことになるのも、また良くないと思うのです。

 

そのバランスを保つためには「周囲に迷惑をかけずにできる、自分の好きなこと」という行動を見つけることが、とても大切なのではないかと思います。外で騒ぐのはNGでも、そのぶん、家の中だったり、外でも人混みを避けるなどの対策が取れる状況だったりすれば、できることはたくさんあります。「あれもダメだ、これもダメだ」って考えるよりも、「気を付けるところさえ気を付ければ、好きなことをしていいんだ」と考えたほうが、気持ちはだいぶ楽になるのではないでしょうか。

 

そして、なにか1つ興味のあることが見つかったら、そこから興味を「広げていく」ということができると、できること・楽しいと思えることは、グッと増えるように思います。

私の場合は、大人気の映画「鬼滅の刃」を観たことを皮切りに、その原作漫画や、映画以前のアニメを全部視聴しようとしてみたり……

映画つながりで「新解釈 三国志」も観てみたところ、とても面白かったので、同じ監督が手掛けたという「勇者ヨシヒコ」シリーズを全部観ようとしてみたり……

延期にはなってしまいましたが「エヴァンゲリオン」の新作映画が公開される関係で、TVでも以前の映画を放映してくれたので、全部観ました。そこから興味を持って、ずっと以前の「TV版・新世紀エヴァンゲリオン」も、全部観てみようかな~、などと考えています。

そしてまたロボットつながりで、買っただけで手を付けていない「ガンダム」のプラモデルも作ってみようか……などとも思ったり。

ここに書いたことは、全部「途中」になっています。本当に全部やろうとしたら、相当な時間がかかるからです。

でも、それでいいんじゃないかと思います。たくさん時間がかかる「興味」をたくさん見つけて、すこしずつ取り組む。時間がかかるから簡単には終わらないし、取り組んでいる間は「好きなこと」をやっているわけだから、発散にもなります。

 

そんなふうに、この大変な時期を乗り越えて行けたらいいな、と思っています。

 

f:id:abemarico:20210208174441p:plain