2020年 9月のメッセージ 担当:高田 康輔

9月のメッセージを担当させていただくカウンセラーの高田です。

しばしの間お付き合いいただければと思います。

よろしくお願いします。

 

さて、連日暑い日が続いておりますが皆さま体調方崩されてないでしょうか?

今年の夏は特に少しの買い物で外に出ると、ほんの数分で全身から汗が吹き出るような気がします。

プールに行こうと思ってもコロナの事が気になるし、涼しい商業施設に買い物に行くにも人混みが気になるし…といった感じに暑さしのぎも今年はなかなか大変だなぁと感じております。

 

自粛生活が始まり、私自身もそうだったのですが有料の動画配信サービスを利用される方が多くなったかと思います。私の周りにもそのような方は多く、映画やドラマあるいはアニメなど気になっていたドラマを一度に見たり、昔に観た映画を見返した話をよく聞きます。

そんな中最近よく聞くのは、もう動画も飽きたなという意見です。

楽しんでいてまだまだ観ている方もいらっしゃるのですが、やはり飽きが来る方も多くいるようです。

 

実は私もその一人で観たかったものをある程度観てしまってもう一回観るのもなぁ、というところだったので、久しぶりに昔読んだ本に手を伸ばしました。昔はよく本を読んでいたのですが、最近では電車の中ではもっぱらスマホを触っている事が多くなってしまっていたので、久しぶりの読書がとても新鮮でした。

 

久しぶりに手を伸ばした本はスティーブン・キング著の「アトランティスのこころ」という本です。最初に読んだのが中学生の頃だったので15年ぶり位にページを開きました。

詳しく書くと長くなるので内容は省きますが、児童期、青年期、中年期、老年期と主人公を変えながら話が進む4部構成になっています。

久しぶり読んでみたら「そんな風だったんだ」とか「こんな描写あったっけ」などおそらくかつて読んでいた時には気づかないでいたり、関心が向かなかったところに目がいったりしました。

さらに、昔読んだ時には児童期のところにとても共感して、青年期のところはとても憧れ、残りの中年期と老年期はちんぷんかんぷんだった記憶があったのですが、自分自身歳を重ねた事もあってか、児童期、青年期に対してはとても懐かしい気分になり、中年期と老年期については以前よりも感じるところや思うところがありました。

当たり前といえば当たり前なのですが、やはり歳を重ねるというのはこういう楽しみもあるんだろうなぁと感じた時間でした。

さて、皆さんはコロナ自粛を楽しく過ごせてますでしょうか?

もし、気が向きましたら本に手を伸ばしてみてください。

 

ただでさえ未来は先が見えずに足がすくむ事がある上にこんな事態なので、ご不安を抱えたり、家族の不安を支えたりという状況かと思います。

皆さんなりの楽しみや過ごし方を見つけていただき凌いでいただければと思います。

また、苦しい時や誰かに話を聞いてもらいたい時などは、当オフィスを頼っていただければなとも思います。

 

長くなりましたので、そろそろお終いにしようかと思います。

今年も残り4ヶ月です。バタバタと過ぎていく今年ですが、皆さまこころもからだもご自愛していただければと思います。

 

では失礼いたします。

 

f:id:abemarico:20200902112731p:plain

 

2020年 8月のメッセージ 担当:小田 友理恵

こんにちは、カウンセラーの小田です。8月のメッセージを担当させていただきます。

 

新型コロナウイルスの感染防止対策を強いられる日々が、想像以上に長く続いています。皆さまいかがお過ごしですか?

今年は例年よりも梅雨が長いですが、気づいたらあっという間に8月になっていました。

私はこの5ヶ月ほど仕事以外での外出を極力控え続けています。

そのためか、季節の移り変わりをいつもよりも感じにくいなぁ、と思っています。

それで、あっという間に夏が来てしまった感じがしているのかな、と思います。

 

思い返すと、お花見がなくなり、GWの行楽もなくなってしまいました。花火や夏祭りも中止ですね。

昨年のメッセージでオススメさせていただいた苺狩りも、今年は見送りました…。

大きなイベントだけではなくて、外出先でのお日様の光、道行く人々のファッション、楽しく飲んだ後の帰り道の夜風…
、オフの日にリラックスして五感で味わっていた何気ない刺激の数々も、季節の移ろいを教えてくれていたのだと改めて気づかされました。

 

人とのリアルなつながりが断ち切られることや普段の楽しみを制限されていることなどに加えて、体感する時の流れが単調になりがちになってしまうことも、大変さの一つなのかも
…とこのメッセージを書きながら思い至りました。

そして、季節を感じ取る工夫を日常に意識的に取り入れてみようかな、と思いました。たとえば、旬のものを味わったみたり、感染防止に気をつけながらオフの日には近所の自然に触れてみたり…。

 

不便さや我慢が求められる日が続いていますが、どうか皆さまがその中で少しでも楽しみを見つけて、心に潤いのある日々が過ごせますように。

皆さまのご健康をお祈りしています。

 

f:id:abemarico:20200729193103j:plain

(写真は、梅雨時に近所で見つけたカタツムリです)

 

2020年 7月のメッセージ 担当 内田佳菜子

7月のメッセージを担当します、カウンセラーの内田です。

緊急事態宣言が解除されてしばらく経ちましたが、皆さま感染症対策にまつわる様々な変化に対応される日々かと思います。

 

そこで今回は、「コーピング」をテーマにさせていただければと思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「コーピング」とは「ストレスへの意図的な対処」のことです。ストレス状況や、それによって自分が感じているストレス反応をやわらげるための対処を、コーピングと呼びます。

 

これは、とっておきのひとつがある事よりも、さまざまなレパートリーを持っている事の方が効果的とされています。

「かなり効く!」と言う対処がひとつだけあっても、それが何らかの事情で出来なかったりある状況では効かなかったりすると、他に手立てが無くなってしまいます。「ちょっとは効く」「まあまあ効く」と言うものをたくさん持っておいて、場面や気分などに合わせて色々試せることの方が、自分自身でストレスを和らげることに役立つというものです。

 

今、ご自身のコーピングを聞かれたら、いくつくらい思いつくでしょうか?

先日仕事のなかで、自分のレパートリーがどれくらいあるか、とにかく紙に書き出していく機会がありました。最初のうちはぽんぽん思いついて書けるのですが、段々思いつかなくなっていき…。後でほかの人のレパートリーを見せてもらうと、「自分にも良さそう」と思えるものがあったり、「そんな方法もあるのか」と目からウロコのものがあったり、「私も前にやったことある!」と自分でも忘れていたものがあったり、とてもタメになりました。

 

そこで今回、レパートリーの例をご紹介したいなと思います。ご自身に良さそうなものがあれば、試してみていただけると嬉しいです。

 

  • 行動的コーピング

※コーピングを大きく2つに分けた場合、行動的(何かをする)コーピングと、認知的(考えやイメージ)コーピングに分けられます。

お風呂で歌う 引き出しの整理 マンガを読み返す いつもより上質なコーヒーを味わう 花を生ける 映画を見て号泣する いらない紙をビリビリに破る 愚痴を言う 世間話をする 深呼吸する 旅行の写真を見返す ものづくりに没頭する エアードラムする マッサージ アロマキャンドル 外の新鮮な空気を吸う 不要なものを捨てる …など

 

  • 認知的コーピング

プラス面とマイナス面の両方を考える 逆に言えば…と考える 何とかなると考えてみる 自分をしっかり褒める 普段言えない事を言っているところを想像する 何かのせいにしてみる 優先順位を考える 愛猫のモフモフした毛並みを思い浮かべる 好きな映画の名言を思い浮かべる 相談できる人を思い出す 自分の頑張りをねぎらう …など

 

いかがでしょうか。少しでもご自身に合いそうなものや、気負わず試せそうなものはあったでしょうか。こう言ったちょっとした事をコーピングと言っていいんだと改めて確認することで、もっとオリジナルのものを思いついている方も多いかもしれません。

 

新型コロナウィルスと付き合っていく中で、またそれと直接関わらずとも忙しい毎日の中では、避けられないストレスがあるかと思います。今回ご紹介できたものはほんの一例ですので、一人一人ご自身にあったコーピングがもっとあるかと思いますが、何かひとつでも参考にしてもらえるものがあるといいなと思っています。

 

f:id:abemarico:20200630123702p:plain


 

2020年 6月のメッセージ 担当:阿部雄貴

皆様、こんにちは。

カウンセラーの阿部雄貴です。

 

自粛生活を続けているうちにあっという間に冬から梅雨の季節に差し掛かっております。

 

今回のコロナウィルスの直接的な健康被害の脅威に加え、なかなか思うように外出できず、やりたいこともできず、会いたい人にも会えず、行きたいところに行けない、など派生して精神的にもツラい状況が続いています。

 

私自身、生活が大きく制限され変わることに当初戸惑い、大きなストレスを感じておりました。しかし、人間はやはり慣れるもので順応してきている面もあると感じております。

最近では逆に元の生活に戻っていくことに少しの不安と幾ばくかのストレスすらも感じている次第です。そんな矛盾した曖昧な感情も人間らしくていいのかなと感じております。

 

そんなこの自粛生活の中で改めて実感できたものがありました。

今回はそれをテーマに書かせていただきます。

 

それは「立ち止まる時間の必要性」です。

 

通常の現代社会における生活様式は、日々多くの人と交流を持ち、たくさんの情報量と、物凄いスピードで過ぎていきます。

 

一日を振り返る余裕すらなく、目の前のことをとにかくこなしていかなければいけない。思いがけないアクシデントにも迅速に臨機応変に対応しなければならない。

自分の気持ちと生活がズレて来ているように感じてはいながらも、軌道修正することもできない。当初の目的を見失いながら、ただただ漫然と自動化されたような毎日を過ごし、へとへとになって帰る頃にはパワーは空っぽ。生活に変化を起こすほどの気力も残っていない。先の事を考える事を後回しにして、とりあえずその場を取り繕うように毎日をフルパワーで積み重ねていく…。

 

社会に適応する、責任を果たす、という視点に立ちますと、多かれ少なかれそのような側面も確かに必要なものかもしれません。

 

しかし【社会に適応する】ということと【自分らしさを大切に生きる】ということを両立させ、維持し続けることはなかなかに難しいことでもあります。そしてそれは社会というものが刻々と変化していく性質がある以上、常に定期的なバランス調整・メンテナンスが必要になってくるものではないかと思います。

 

「とりあえず同じことを繰り返してさえいれば、このまま大きな問題は起こらないはず」

 

と思って頑張っていても、身体の衰え、疲労の蓄積など様々な外的な要因や、置かれている環境の変化などにより、ストレスがいつの間にか身体への大きな負担となる状況に変化していたりします。

また、人は社会生活において一人で生きているわけではなく、家族、友達、同僚、上司など相互に影響を与え合っており、もちろんその方たちの体調や環境も一定ではない為、一層事情は複雑化していきます。

 

それらへの対応策として、人はなるべく環境をシンプルに整えた上で、自分自身の心と向き合い「本当に今、自分らしい生き方ができているか、今の状況は無理をしすぎていないか」

と考えられるような立ち止まる時間や、精神的な余裕が日常の中で必要になってくるのではないかと思います。

 

頑張り屋で真面目な性格の方ほど「期待を裏切れない」「休むわけにはいかない」「まだ全然頑張れていない」というような言葉をカウンセリングの中でおっしゃられます。

 

しばらくは無理が効く場合もありますが、キャパシティを越え続けた生活は、その後に原因不明の体調不良となって身体症状に表れて、そのまま倒れてしまったり、動けなくなってしまったりする状態をも引き起こします。

 

その結果、休職や退職、不登校、入院などへと繋がることとなり、気質が真面目な方ほど自分自身を責めてしまったり、ふがいないと感じ、更なる自己嫌悪のループに陥ってしまうことがあります。

 

しかしながら、私はそれは本来のその人にとって必要な時間で、自分らしく生きるためのアラームを身体が鳴らして教えてくれたと考えることもできるのではないかと思っています。

 

例えば、タスクを開きすぎたパソコンがフリーズして、どのボタンを押しても動かなくなってしまったら、強制終了して、少し時間を要しますが再起動をかけます。

フリーズしたまま放っておいても自動で復旧する場合もあるかもしれませんし、ファイルなどの損傷を避けるため強制終了はなるべく避けたいところではありますが、そうせざるを得ない状況も時にはあると思います。再起動をかけた後はタスクをたくさん開くと重くなってしまうから気を付けよう、ということにもなりますよね。

 

 今回の自粛に際しての社会全体の立ち止まりとも言える時間は、多くの人が自ら望んだものでは無く、半強制的なものであったかもしれません。

しかし、今回のことは誰の責任でもないため、真面目で頑張り屋の方も免罪符的にシンプルな環境下の中、自分自身を省みる時間にできたのではないでしょうか。

 

そんな風には考えられない、とか、こんなたいへんな時にそれどころじゃない、と感じる方もいらっしゃると思います。ただ、今回の通常とは違う生活スタイルを不本意ながらも体感することができただけでも、今後の人生にとって、気づきのきっかけであったり、考え方次第では大きな価値を持つ期間でもあったのではないかと思います。「休みってやっぱり大事だなあ」とか「電車通勤ってやっぱり嫌だなあ」とかそんなことだけでもきっと将来にとってきっと良い小さな収穫です。

 

いずれにしましても立ち止まる時間というのは、任意のものであっても不本意なものであっても、視点を変えれば自分次第できっと意味も見出せます。

 

 

まただんだんと忙しい日常が戻ってくる中で、罪悪感なく上手に休んだり、一人で考えたり、気持を整理したり、身近な誰かに相談することが苦手だと考える方もいらっしゃると思います。

そんな方のためにカウンセリングは【効率的に気持ちを整理して一緒に立ち止まる50分間】を提供できるものです。日常が戻った後も是非有効にご活用いただければ幸いです。

 

最後となりますが、今回の新型コロナウイルス関連肺炎で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げると共に、影響を受けた方々の一日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈りいたします。

 

まずはたくさん睡眠をとり、栄養のあるものを食べ、少ない時間でも日光になるべく当たることを心がけつつ、どうか無理せず一緒に乗り越えていきましょう。

 

f:id:abemarico:20200527161245p:plain

 

写真は内容とあまり関係ないですが、春日部の有名なとても美味しいケーキ屋さん【オークウッド】のフクロウたちです。かわいいです。

 

www.oakwood.co.jp

 

春日部の良いところをなるべく紹介していきたい気持ちがあります。

 

お店の装飾が外装も含め、リアルどうぶつの森みたいで楽しいので、ぜひ世の中が落ち着きましたら行ってみてくださいませ。