2022年8月のメッセージ 担当:遠藤裕史

皆さん、こんにちは。8月のメッセージを担当する遠藤です。

例年のような猛暑の日々がやってきましたね。節電や新型コロナウィルスの対策の一環で換気をするなど、人によっては冷房の使用を控えめにしている方もいらっしゃるかもしれません。私も自宅では、冷房の設定を28度にしたり、使っていない家電のコンセントを抜いたり、照明を消したりとできる範囲での節電を心掛けるようにしています。もちろん、体を壊してしまっては元も子もありませんから、程々のところで止めておくことも大切と感じました。

さて、7月は痛ましい事件が起きたり、新型コロナウィルスの感染が拡大したり、と気持ちが休まらないニュースを見聞きしました。皆さんの中にはそうしたニュースを見聞きしても普段通りに過ごせる方もいれば、モヤモヤとした気持ちを抱えて日常生活に影響が出る方もいらっしゃるのではないかと思います。“こっちの方が正しい!”ということはなく、大きな出来事が起きた時に出てくる反応や程度は人それぞれでしょう。ちなみに私はというと、上記で挙げたようなニュースをずっと見聞きしていると気持ちが疲れてしまうタイプです…。実際、ニュースで取り上げられたばかりの時は関心もあって情報を集めるのですが、様々な情報が入ってきたり、辛い内容を見聞きしたりしていると段々と“なんとなく嫌な気分”になり始めます。後になって考えると、多くの情報に接している内に疲れていたのかなどと感じていました。新型コロナウィルスが最初に流行り始めた時も同様で、仕事や日常生活に影響が出るものであったため、朝のニュースや時間さえあればインターネットのニュースをチェックしていました。当時もニュースを追いかけていくと段々と疲れていたことを思い出しました。

ニュースを見ていて疲れた時、私の対処法はニュースを見ないようにすることでした。ストレスとなる出来事から距離を取るような感じでしょうか。見聞きしていて疲れてしまう、だったら見聞きしなければいい、という我ながら何とも単純な方法だなと思う次第であります。見出しなどが目に入ることはありますが、それ以上は深く追いかけずに“今はこんなことが言われているんだな”と思うようにしています。なんとなく“もう大丈夫かな”という状態になったら、改めてニュースから情報を集めて整理することを心掛けるようにしています。一緒に暮らしているご家族やお仕事によっては、逐一疲れてしまうニュースでもチェックしなければいけない場合もあると思います。また、ストレスを感じる出来事に多くの時間を割かなければならない人も大勢いらっしゃることでしょう。時には、ストレスと感じる出来事から意識的に距離を取ってみる、という方法も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

言うは易く行うは難し、という言葉もあるように簡単にできたら苦労はしないと感じる方もいらっしゃると思います。もちろん、ストレスとの距離の取り方や対処法は人それぞれです。誰かが上手くいった方法が自分にも当てはまるとは限りません。試行錯誤して、自分にあったものを見つけていく過程も大切なことではないでしょうか。とはいえ、1人で考えるのは疲れてしまった…という時は当オフィスのような相談機関を使ってみるのも1つの方法です。皆さん1人ひとりにあった、ストレスとの付き合い方が見つかること願っております。

とりとめのないことをつらつらと書いていってしまいました。この文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。猛暑の時期でもあり、心身ともに疲れが溜まることだと思います。どうかご自愛の上お過ごしください。

 

 

2022年 7月のメッセージ 担当:高田康輔

7月のメッセージを担当させていただくカウンセラーの高田です.よろしくお願い致します.

 

6月から暑い日が続いていますが、皆様体調など崩されていませんでしょうか?

私は、阿部真里子臨床心理オフィス以外にもいくつかの職場で勤務させていただいています.そのほとんどが教育現場や福祉現場などお子さんやお子さん達と生活を共にする先生方を支援する仕事を行なっています.

仕事の中で関わらせていただく保護者の方や先生方からよく「(私のお子さん方への優しげな関わりを見ていると)先生はお家でもきっとお子さんにも優しいんでしょうね」などと声をかけられることが多いのですが……全くそんなことはありません(笑)

今日は私自身の子育てについて振り返りながら日頃反省したり気をつけたいなと考えている点についてお話しさせて頂こうと思います!

 

なかなか親子のタイミングは合わないものですよね.親が時間ができて関われる時と子どもが構ってもらいたいタイミングは面白いくらいにズレてしまいがちで、そんなすれ違いについてのお話もいろいろなところでお伺いします.また、今日は怒らないようにしようよと思っていてもそういう日に限ってお子さんはいたずらや問題を起こしてしまい結局怒ってしまう…なんて話もよく聞かれます.

お子さんもたくさん注意されて嫌な思いをしていると思いますが、ついつい怒ってしまう親もまた反省したり自己嫌悪に陥ったりもすると思います.

この場で具体策!とお話を進めても個々の状況も違うと思うので、その様な事が起こった時の我が家の対応を今日はお話ししようかと思います.

まず、第一は「夫婦共に熱くなりすぎない!」です.怒っている方はヒートアップしてなかなか冷静な判断が難しいと思いますが、もう片方の親が(距離的にも気持ち的にも)少し離れた位置から間に入ってあげるのは効果的かと思います.我が家も父母それぞれが子どもに対して注意しすぎてしまうことが多々ありますが、その都度「これ以上は難しいかな」「大人も引けなくなっているかな」という場面では間に入ることが多いです.そうすることで大人も意地を張りすぎなくて済むし、子どもの方も少し落ち着いて謝ったり出来るかと思います.

第二は「後でいいから大人からも謝る!」です.怒りすぎてしまったかなということや言い過ぎたかなという時は謝るようにしています.もちろん、言いすぎてしまった時にすぐ伝えるのがベストですが大人も中々気持ちのコントロールが難しい時もあると思います.そのような時は少し間を置いてから謝るようにしています.子どもの方はすっかり忘れている時もありますが、謝ってくれているということは伝わっているように感じます.その際に気をつけていることとしては、自身の伝えている内容ではなくて伝え方や怒ったことを謝るようにしています.親としても元々注意している内容自体は大切なことであったりするので、その事は改めて伝えつつ言い方などが悪かったという趣旨で話しています.これは、注意する時も意識していることで、子どもの行動と思いを少し分離しながら注意をするようにしています.例えば、お手伝いがしたくて(触らないように言っておいた)重たいお皿を持って落としてしまった時など、手伝いたい思いは悪いものではないですよね.しかし、元々やめてねと伝えていることをしてしまっているので、その事を改めて伝えるようにしています.具体的には「お手伝いしてくれようとしたのは嬉しいよ、でも重たいお皿は落として怪我しちゃったら大変だから触らない様にしてね」という感じで、子どもの考えたことや思い事態は否定せず問題点のあった行動面を注意するように心がけています.

最後は「改めて成長を見返す」です.私自身もそうですが、親御さんと話していて感じることですが、子どもがある行動をできる様になると、いつしかその行動はできて当たり前の様になってしまうということはありませんか?ついこの間まで1人で着替えが出来なかったのにようやく出来るようになってしばらくすると大人としては、もうそれは出来ることになってしまい「ほら、早くお着替えして!」というやりとりになりがちかと思います.

しかし、改めて考えてみるとついこないだまで出来なくてようやく出来るようになったと思うと出来ない日があったり時間がかかってもしょうがないかなと感じませんか?改めて、今までの成長を考えてみると、「あぁ、本人なりには頑張っているんだよね」ということに気がついて少し子どもに対して余裕が持てたりします.

いかがだったでしょうか?今回は自身の子育てを振り返りつつ日々気を付けていることをご紹介させていただきました.共感していただける方や少し気持ちが楽になる方がいたら幸いです.

今回は親目線だけで話をまとめてしまったので、子ども視点で気分を害されてしまう方がいたらすいません.ご容赦いただければと思います.

 

暑い日が続き、コロナもまた騒がしくなってきて落ち着かない毎日かと思いますが、皆様お身体お気をつけて夏を越えていただければと思います.

お付き合いいただきありがとうございました.

 

2022年 6月のメッセージ 担当:小田

こんにちは、6月のメッセージを担当する小田です。

これを書いているのは5月の半ばですが、

アップロードされる頃には梅雨入りしているのでしょうか。

今年は春から雨が多く、洗濯物がたまりがちでした。

今回は、日記のような徒然なメッセージとなりますが、お許しください。

 

最近、腸活に励んでいます。きっかけは花粉症でした。

毎年花粉症に悩まされていて、今年の春もかなり苦しんでいました。

腸内環境がアレルギー症状に影響すると知り、

腸内細菌の餌になるという食物繊維やオリゴ糖を摂取するよう意識しています。

(個人の感想ですが、花粉症は少し軽くなった気がしますが、

根本的な改善には少し時間がかかりそうです。

コツコツと気長に続けていこうと思います。)

 

巷では、「ストレスの緩和」や「睡眠の質向上」を謳う某乳酸菌飲料メーカーの商品が

大ヒットして品薄になっているそうです。芸能人も愛飲しているようです。

職業柄、こうした腸内環境とメンタルとの関連に興味津々です。

 

私は、腸内環境に限らず、さまざまな身体と心の深いつながりに関心があります。

身体が楽になると気持ちも楽になりますし、

その逆で、身体が不調だと気持ちも落ち込みやすくなります。

一方で、悩みを抱えることで身体の不調につながることがありますし、

その逆で、気持ちが楽になると、身体の辛い諸症状が緩和されて楽になることもあります。

 

たとえば、温かいお茶を飲んでホッとすることもあれば、

寝不足でイライラしたり、低気圧の影響で鬱々としてしまうこともある…。

悩み過ぎて頭痛が生じることもあれば、

悩みごとが減ることで身体が軽くなることもある…。

 

カウンセラーとしては、主に心へのアプローチをしていますが、

こうした心と身体のつながりを認識し、大切にしながら、

これからもカウンセリングを行っていきたいと思いました。

 

湿気が多く、しばらく身体にとっては過ごしにくい季節ですが、

皆さまもどうか、少しでも楽しい時間やほっとする時間を見つけながら、

心も身体も大切に、お過ごしください。

 

(※人それぞれ体質が異なりますので、健康食品等を取り入れる際にはご注意ください。また、通院中の方は、健康食品等を試す際には必ず主治医の先生とご相談ください。)

 

2022年 5月のメッセージ 担当:阿部 雄貴

こんにちは。

5月のメッセージを担当しますカウンセラーの阿部雄貴です。

 

今年は少し早めの梅雨入りをするという風の噂を聞きましたが、暖かい日差しが覗くと新しい季節を感じられて嬉しい気持ちになる今日この頃です。

 

さてこの時期になりますと毎年「GW明けから子どもが学校に行けておらず、相談したい」というようなお問い合わせを数多くいただきます。

 

おおまかな一連の流れとしましては4月から新年度が始まって環境が変わり、なんとなく馴染めずに居ながらもなんとか一か月間は頑張ってきたけれど、連休に入り、またいざ学校、となった時に体調不良の訴えを皮切りにそれからどうしても学校に行けない。親としても無理強いするのはよくない気がするし、かわいそう…でも問題が長期化してしまう前になるべく早期に対応したい、でも一体どうしたら…といったような不安な気持ちでWEB検索してこちらのHPに辿り着き、お問い合わせをご両親のどちらかからいただく、という感じでしょうか。

 

お問い合わせをいただいた際にカウンセラーとして支援の方策を検討するのは勿論なのですが、私自身並行してよく考えるのが「そもそも自分はどんな気持ちで学校に行っていたっけ?」ということだったりします。

 

「学校」という集団生活から離れてだいぶ時間が経っているので、なかなか当時のリアルな感覚は想起できないのですが、道を歩いている時などにフッと「そういえばこんなことを思っていたなあ」と思い出せたりします。

 

当時を振り返るとそもそも私は学校に苦手意識を強く感じていたように思います。

小学校の時は躓きながらも担任の先生のあたたかさや人柄に助けられ、なんとかやって行けてはいたのですが、中学校・高校の空間が本当に苦手でした。

 そもそも狭い教室の中で数十人がパーソナルスペースを保てないまま、ぎゅうぎゅうに机を並べて押し込まれジッとしている環境自体が苦手でストレスだったり、子どものそれぞれの特性への配慮の行き届かなさ、形式だけで熱意が感じられないと生徒が感じてしまうような授業を何時間も受けなければいけなかったり、ストレスフルな環境から生じる友達との人間関係の問題だったり、細かいものまであげればキリがないくらい、当時は日々フラストレーションが高まる空間だったと認識しています(これは教育・学校システム上の機能の問題、限界等もどうしてもありましたので仕方がなかった面もあります)

某漫画の主人公のように頭脳は大人、身体は子ども!みたいなものは夢があって楽しそうですが、またあの学校という空間に行かなければいけない、となると厳しい…

 

ただ当時は自身のアイデンティティも未成熟で、客観視もうまくできないのでその時々に感じている不快感だったり、不全感をうまく周りの大人に言語化して伝えることは難しかったように思います。周りの大人も心配のあまり、時に感情的な声掛けをしてしまうこともあるでしょうし、子どもとしても「全然わかってくれない!」と反発して余計に関係性がこじれたりして問題がより複雑化したりもします。私も学校を休んでしまったり、行かなかったことも度々ありましたが、結果として卒業することはできました。当時はスクールカウンセラーも学校に在籍していなかったと記憶しているので、もしあの時、自分がカウンセラーとうまく繋がれていたらどうだったんだろう、と思ったりもします。

 

社会への適応の方法を学ぶ場としての機能を学校という組織が担っている部分は確かにあると思います。

しかし、一つの場所に固執しすぎてしまうと失敗体験が重なり自信を失い、前に進むためのエネルギーが枯渇してしまう循環に入ってしまう、疲弊してしまう。

結果として遠回りになってしまうようなことも起こり得るかと思います。

 

これは学校だけではなく、職場適応においても同じようなことがいえると思います。

仮定の話ですが、休職やリワークの制度が存在しない世界線があり、異動も転職も許されないとしたら絶望的な気持ちになると思います。大人ですら選択の判断が難しいのに、子どもが自ら自身の環境を調整していくのは容易な事ではありません。また、選択肢が一つしかないと感じてしまうような状況でのストレスや不安は大人も子どもも同様にとてもつらいものです。

 

カウンセラーの立場としては段階を踏んで一緒に検討した上で、個人に合った最適な環境を模索していくお手伝いを担っていきたいという気持ちでおります。

多種多様なケースがあり、問題解決の形も様々です。

不安に感じることがあればできる限りお答えしますのでまずはお電話・HPからご相談ください。

いつでもお待ちしております。