2023年5月のメッセージ 担当:高田 康輔

カウンセラーの高田です、よろしくお願いします。

いきなりですが、色々な心理に関わる現場でお仕事をさせていただく中で、出会う親御さんや他の専門職の方々からよく「心理の専門の先生なのだからきっとお家でお子さんにもうまく関われられるんでしょうね」との言葉をいただくことが多くあります。

普段働いている様子などからその様なイメージを持っていただいたりもするのかもしれないのですが、実際の家庭内としては「そんなことはないです」というのが正直なところです…(笑)

今回は、自身の子育てを自戒を込めて振り返りつつ気をつけたい点や(余裕があれば)こうしたいと考えているという点などの話を少しさせていただきたいと思います。

まず、気をつけたいなとよく考える点は①何かできる様になったからといっていつもできるわけではないという点です。子どもの生活面での動作、特に服を着ることや靴を履くことなどについてできる様になるまではゆっくり時間を取ってあげたり手伝ってあげたりできるのですが、一度できる様になってしまうと「できる様になった」と理解してしまう様になりできる事として要求してしまうなという反省をよくします。つい最近まで出来なかったということは、ある意味子どもからしたら「頑張らないと出来ないこと」という可能性もまだあります。したがって、その行動をするためには子どもなりには努力が必要であり、「いつもいつもそんなに全力出せないよ!」と思ったりもするのではないか?と考えられます。なので、できる様になったからといっていつもいつも求めてはいけないなと気をつけたいなと考えていたりします。

次に②注意してしまったことは本当に子どもが悪かったことなのかという点です。生活の色々な場面で子どもを注意したり叱ってしまったりする場面はあると思いますが、「本当に子どもが悪かったのだろうか」ということは冷静になってから考えるように心がけています。結果的に子どもがいけなかったなということもありますが、自分が焦っていたんだなという反省や用意が足りていなかったから子どもがやることが多くなりすぎてしまったなということも多くあります。なので、(できれば注意する前ですが)注意してしまった際には少し振り返ることを意識したいなと考えています。

今あげた様な2点のことが私自身の反省点としてよくあがることです。そして、それに対して日々こうしていきたいなと考えている点もいくつかあります。その一つが、振り返った後に「自分が悪かったな」と思うことについては謝るということです。我々親もミスや間違えを起こすことは当たり前のことなので、悪いと思ったら謝るようにしたいなと思っています。これについては、もう一つの効果もあり子どもたちに対して謝るということのモデルや見本を示せることも大切なことだと考えています。もう一つが、自分1人ではなくパートナーや外を頼っていくことです。どんなによく関わりたいと思っていても1人で考えていたり抱えているとなかなかいい関わりを続けていくことは難しいと思います。なので、冷静になったり振り返るためにも他の家族や園や学校を頼っていくことも大切なことであると考えています。


最後になりますが、こうやって改めて振り返ると気にはしているけれど、うまく関わるのは難しいなと改めて感じてしまいます。しかし、大人も1人の人間なので完璧にこなしていくことは難しくてしょうがないと思います。そういう自分自身も認めてあげながら進んでいくことも大事なことなのかな?と感じたりもしますので皆様も気を張りすぎないように頑張っていきましょう。

そして、親子間のことや自身のことなどお悩みの際に誰か他の人と共に考えながら進めていきたいなと感じられる際には、当オフィスなど専門職のご利用もご検討いただければなと思います。

長くなりましたがお付き合いありがとうございました。

 

2023年4月のメッセージ 担当:田島

春日部元町公園の桜が咲いているのをオフィスの窓から見ると春の訪れを感じます。

皆さまは如何お過ごしでしょか。4月のメッセージを担当します。田島です。

 

このページをご覧になっている人はどれくらい居るのだろうか、ということは私には良く解らないのですが、春日部市民のうち果たして・・・うーん、20人くらいは見てくれているでしょうか?うーん・・・

気が付くともう10年くらい阿部オフィスでお世話になっているのですが、メッセージをご覧になっている、という声を伺ったのは1人だけでしたので、まあそのくらいだろうなと今月は少し肩の力を抜いて書いて行こうと思います。

 

ブログやSNSが流行する前から阿部オフィスではこんなふうにカウンセラーが月替わりでメッセージを書いていくという文化があるのですが、内容は各人に任されていて“パンが好き”とか“こんな映画を見た”みたいな自由度の高いものをその時々で書いたりしているのですが、今日は珍しくカウンセリングと心理療法の話をしてみようかと思います。

 

このテーマは色々なところで目にするのですが、私たち臨床心理士の間でもカウンセリングと心理療法って何が違うの?と聞かれてもなんだか曖昧なことがあるかもしれません。

肩の力を抜いて私の言葉で表現すると以下のように考えられると思います。

 

カウンセリングとは、面接室に持ち込まれたその人の悩みに対して、臨床心理学の知識に基づいて、傾聴や助言、内省する、問題を別の角度から捉えなおすなど、様々なアプローチを行います。自分の事や、悩みについて“話す”ことを通して、安心感が得られることや、問題が整理されること、元々は自分の中にあった考えが整理されて妥当な考えがハッキリとしてくるなどの効果が得られるようになることを目的とします。

自由度が非常に高く、対応できる裾野も幅広いことから、レストランでアラカルトで食事を楽しむイメージをして頂くと良いかもしれません。

多くの場合は、カウンセリングを提供するカウンセラーが、妥当性の高いアプローチを提案してくれるでしょうし、ご自身のリクエストも伝えると良いでしょう。

 

 

心理療法とは、認知行動療法や精神分析的心理療法など、特定の理論や治療哲学が存在するアプローチの総称です。その人の悩みについて、それぞれの心理療法の背景にある理論や知識に基いてアセスメントを行い、介入を行っていきます。多くの場合は治療の進め方や介入の行い方にも一定の理論や、積み重ねられた知識が適用され、一般的なカウンセリングと比較するとより専門性の高いものが提供されます。

先ほどのレストランの例えで言うなら、“スペシャリテ”があるからそのレストランに行くというイメージでしょうか。現実的にも特定の心理療法は、臨床心理士なら誰でも提供できるとは限りません。専門職しか入ることの出来ない学術団体(○○学会)に所属してより専門性の高い知識を積み重ねることや、その心理療法を提供できるようにスーパービジョンと言う訓練を受けてようやく提供できるものです。

一般的な“カウンセリング”を行うにもスーパービジョンを受ける必要があると思いますが、特定の心理療法を提供している臨床心理士の多くは、このような訓練を受けているか、受けていたという人が多いです。

例えば、所長の阿部先生は催眠医学心理学会という学会に所属して、長らくスーパービジョンを始めとした研鑽を続けて催眠療法・自律訓練法の専門家として心理療法を提供されています。私は精神分析学会という学会に所属して、精神分析的心理療法を専門としています。

また、サブスペシャリティーとして、自分の専門性とそれ以外の専門性を備えている人も多く存在します。私の周りでは、精神分析的心理療法を専門としながらも日々の臨床では認知行動療法も行うために、そちらの研修も並行して行っている人も結構居ます。

 

カウンセリング・心理療法の両者に共通するのは、いずれも臨床心理学やその辺縁の学問に基づいたアプローチであるということです。

どちらを選択しても、それを選んだ方には専門的なサービスが提供されます。

もう少し詳しく知りたいな、という方はお問い合わせいただくか、担当のカウンセラーに聞いて頂くのも良いかもしれません。

 

次回は私が長く学んできた精神分析的心理療法について書くことが出来ると良いなと思いながら、今月のメッセージを締めさせて頂きます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

2023年3月のメッセージ 担当:小田

こんにちは、3月のメッセージを担当するカウンセラーの小田です。

 

突然ですが、先日用事があって初めてLCCを利用しました。そのときに成田空港の第三ターミナルで珍しいものを見つけたので、共有します。それはこちらです!

 



カームダウン・クールダウンのためのクワイエットルーム(静かな部屋)です。感覚に過敏のある方やお子さんなどが、気持ちを沈めるためにあるお部屋のようです。

 

空港は出張などで日常的に利用する方でない限り、非日常そのもの。さまざまな文化的背景を持つたくさんの方が利用します。場内アナウンスも頻繁に流れます。警備員や保安官が配置され、物々しい雰囲気もあります。

 

飛行機の搭乗前は、きちんと定刻通りに乗れるかどうか不安になったり、誰でも焦ったり緊張したりしてしまうもの。長時間じっと座っているのが苦手な方や高いところが苦手な方や、飛行機そのものが苦手な方にとっては、飛行機の搭乗前に晒されるストレスはなおさらでしょう。

 

そんな中、気持ちを落ち着けるためのお部屋があるのは、素晴らしい配慮だと思いました。

 

お部屋の中はこんな感じです。利用者のお邪魔にならないようにパシャリ。カーテンを閉めると、完全な個室になるようです。少し奥まったところにあるので、とても静かでした。3部屋しかないので、同時に利用したい方が多くいる場合は、譲り合う必要があるかもしれません。



障害や困難とともに生きる方々への配慮は、あらゆる人々への生きやすさにつながる可能性を秘めています。こういうお部屋があることで、「誰かにとってこの環境はすごくストレスフルなのかもしれない」と想像を働かせる余地が生まれ、互いに思いやりを示すためのゆとりが生まれるかもしれません。このような取り組みが社会の中に増えていくのは素敵なことだなぁと思いました。

 

 

寒さも緩み、春の本格的な訪れが待ち遠しいです。感染症への対策の仕方もだいぶ変わりそうですね。まだまだ三寒四温、どうぞお気をつけて健やかにお過ごしください。

2023年2月のメッセージ 担当:遠藤 裕史

皆さん、こんにちは。2月のメッセージを担当する遠藤です。

2023年になってから1ヶ月が経ちました。“まだ1ヶ月しか経っていない”と考えるか、“もう1ヶ月が経ったのか”と考えるか、人によって捉え方が異なると思います。ちなみに、私は後者のように考えることが多く、「もう1ヶ月経つのか、早い!」などと感じております。ただ、思い返してみると毎月毎月「今月ももう終わりか」と言うことが多く、さらに言ってしまえば毎週末にも同じようなことを言っている気がします。

 さて、先月の下旬には“10年に1度の最強寒波”がやってきました。お住まいの地域によっては様々な影響が出たのではないでしょうか。特に雪の対応をしなければならない時は、しっかりと安全を確保して作業にあたっていただけたらと思います。暑いより寒い方がいい、と普段言っている私ですが、さすがにこの寒さは体に堪えるため、早く寒い時期が終わって欲しいとお願いせずにはいられません。

 寒さをしのぐためには暖房器具が必要・・・とはいうものの、昨今の電気代の高騰によって以前のように暖房を使いにくいと感じています。実はこのメッセージも寒さと戦いながら作成しているところです。今シーズンの電気代の高さに驚き、先日はガス代についても使用量は前年より少なくなっていたものの、請求額の高さに少々引いてしまった自分がいました。光熱費が値上がりしている一方で、健康を犠牲にしてまで我慢するのも良くないとも思っています。これは夏の暑い時期でも考えていたことで、振り返ってみると毎年夏と冬に節電をしつつ(電気代を抑えつつとも言いますが・・・)、それなりに快適に過ごす方法を模索していると気付きました。結局は何かを購入することが多く、却ってお金がかかっているような気がしますが・・・そこは目をつぶろうと思います。ちなみに今年は電気毛布を初めて購入してみました。ひざ掛けのようにも、寝る時にベッドに敷いても使えて、暖かくして過ごせています。寝る時に寒いとよく眠れないので大変助かっています。

 暖かくすると眠りやすいといえば、我が家には以前からコタツがあり、お恥ずかしい話ですが、コタツに入ると急に眠くなってそのまま寝てしまうことが多いです。夕食後に入っていると寝落ちをして、そのまま朝を迎えるなんてことも頻繁にあります。調べてみると体温の関係で眠くなるようですね。ご興味のある方は、是非調べてみてください。ただ、こたつで寝てしまうと脱水や睡眠不足にもなりやすいそうです。確かに言われてみると、眠気を感じている時は気持ちよさというか、心地よさというか良い気持ちになれますが、起きた時はスッキリした感じはしませんね。妙に暑くて目を覚ましては寝るを繰り返し、のども乾燥しているがほとんどなので、体への負担も結構あるのだと改めて考えさせられました(だからといって、スッパリと寝るのを止められないのが、コタツの魔力なのかもしれません・・・)。

 まだまだ寒い日々が続くと思います。節電や節約を心掛けている方は、どうかお体も大切にされることを忘れませんように。私も昔散々言われた「過ぎたるは猶及ばざるが如し」を思い出し、節電と防寒対策を続け、コタツで寝ないようにしたいと思います。お付き合いいただきありがとうございました。