2020年 6月のメッセージ 担当:阿部雄貴

皆様、こんにちは。

カウンセラーの阿部雄貴です。

 

自粛生活を続けているうちにあっという間に冬から梅雨の季節に差し掛かっております。

 

今回のコロナウィルスの直接的な健康被害の脅威に加え、なかなか思うように外出できず、やりたいこともできず、会いたい人にも会えず、行きたいところに行けない、など派生して精神的にもツラい状況が続いています。

 

私自身、生活が大きく制限され変わることに当初戸惑い、大きなストレスを感じておりました。しかし、人間はやはり慣れるもので順応してきている面もあると感じております。

最近では逆に元の生活に戻っていくことに少しの不安と幾ばくかのストレスすらも感じている次第です。そんな矛盾した曖昧な感情も人間らしくていいのかなと感じております。

 

そんなこの自粛生活の中で改めて実感できたものがありました。

今回はそれをテーマに書かせていただきます。

 

それは「立ち止まる時間の必要性」です。

 

通常の現代社会における生活様式は、日々多くの人と交流を持ち、たくさんの情報量と、物凄いスピードで過ぎていきます。

 

一日を振り返る余裕すらなく、目の前のことをとにかくこなしていかなければいけない。思いがけないアクシデントにも迅速に臨機応変に対応しなければならない。

自分の気持ちと生活がズレて来ているように感じてはいながらも、軌道修正することもできない。当初の目的を見失いながら、ただただ漫然と自動化されたような毎日を過ごし、へとへとになって帰る頃にはパワーは空っぽ。生活に変化を起こすほどの気力も残っていない。先の事を考える事を後回しにして、とりあえずその場を取り繕うように毎日をフルパワーで積み重ねていく…。

 

社会に適応する、責任を果たす、という視点に立ちますと、多かれ少なかれそのような側面も確かに必要なものかもしれません。

 

しかし【社会に適応する】ということと【自分らしさを大切に生きる】ということを両立させ、維持し続けることはなかなかに難しいことでもあります。そしてそれは社会というものが刻々と変化していく性質がある以上、常に定期的なバランス調整・メンテナンスが必要になってくるものではないかと思います。

 

「とりあえず同じことを繰り返してさえいれば、このまま大きな問題は起こらないはず」

 

と思って頑張っていても、身体の衰え、疲労の蓄積など様々な外的な要因や、置かれている環境の変化などにより、ストレスがいつの間にか身体への大きな負担となる状況に変化していたりします。

また、人は社会生活において一人で生きているわけではなく、家族、友達、同僚、上司など相互に影響を与え合っており、もちろんその方たちの体調や環境も一定ではない為、一層事情は複雑化していきます。

 

それらへの対応策として、人はなるべく環境をシンプルに整えた上で、自分自身の心と向き合い「本当に今、自分らしい生き方ができているか、今の状況は無理をしすぎていないか」

と考えられるような立ち止まる時間や、精神的な余裕が日常の中で必要になってくるのではないかと思います。

 

頑張り屋で真面目な性格の方ほど「期待を裏切れない」「休むわけにはいかない」「まだ全然頑張れていない」というような言葉をカウンセリングの中でおっしゃられます。

 

しばらくは無理が効く場合もありますが、キャパシティを越え続けた生活は、その後に原因不明の体調不良となって身体症状に表れて、そのまま倒れてしまったり、動けなくなってしまったりする状態をも引き起こします。

 

その結果、休職や退職、不登校、入院などへと繋がることとなり、気質が真面目な方ほど自分自身を責めてしまったり、ふがいないと感じ、更なる自己嫌悪のループに陥ってしまうことがあります。

 

しかしながら、私はそれは本来のその人にとって必要な時間で、自分らしく生きるためのアラームを身体が鳴らして教えてくれたと考えることもできるのではないかと思っています。

 

例えば、タスクを開きすぎたパソコンがフリーズして、どのボタンを押しても動かなくなってしまったら、強制終了して、少し時間を要しますが再起動をかけます。

フリーズしたまま放っておいても自動で復旧する場合もあるかもしれませんし、ファイルなどの損傷を避けるため強制終了はなるべく避けたいところではありますが、そうせざるを得ない状況も時にはあると思います。再起動をかけた後はタスクをたくさん開くと重くなってしまうから気を付けよう、ということにもなりますよね。

 

 今回の自粛に際しての社会全体の立ち止まりとも言える時間は、多くの人が自ら望んだものでは無く、半強制的なものであったかもしれません。

しかし、今回のことは誰の責任でもないため、真面目で頑張り屋の方も免罪符的にシンプルな環境下の中、自分自身を省みる時間にできたのではないでしょうか。

 

そんな風には考えられない、とか、こんなたいへんな時にそれどころじゃない、と感じる方もいらっしゃると思います。ただ、今回の通常とは違う生活スタイルを不本意ながらも体感することができただけでも、今後の人生にとって、気づきのきっかけであったり、考え方次第では大きな価値を持つ期間でもあったのではないかと思います。「休みってやっぱり大事だなあ」とか「電車通勤ってやっぱり嫌だなあ」とかそんなことだけでもきっと将来にとってきっと良い小さな収穫です。

 

いずれにしましても立ち止まる時間というのは、任意のものであっても不本意なものであっても、視点を変えれば自分次第できっと意味も見出せます。

 

 

まただんだんと忙しい日常が戻ってくる中で、罪悪感なく上手に休んだり、一人で考えたり、気持を整理したり、身近な誰かに相談することが苦手だと考える方もいらっしゃると思います。

そんな方のためにカウンセリングは【効率的に気持ちを整理して一緒に立ち止まる50分間】を提供できるものです。日常が戻った後も是非有効にご活用いただければ幸いです。

 

最後となりますが、今回の新型コロナウイルス関連肺炎で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げると共に、影響を受けた方々の一日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈りいたします。

 

まずはたくさん睡眠をとり、栄養のあるものを食べ、少ない時間でも日光になるべく当たることを心がけつつ、どうか無理せず一緒に乗り越えていきましょう。

 

f:id:abemarico:20200527161245p:plain

 

写真は内容とあまり関係ないですが、春日部の有名なとても美味しいケーキ屋さん【オークウッド】のフクロウたちです。かわいいです。

 

www.oakwood.co.jp

 

春日部の良いところをなるべく紹介していきたい気持ちがあります。

 

お店の装飾が外装も含め、リアルどうぶつの森みたいで楽しいので、ぜひ世の中が落ち着きましたら行ってみてくださいませ。

2020年 5月のメッセージ 担当:大月 浩史

5月のメッセージを担当させていただきます、カウンセラーの大月です。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、世界が確実に変化していくのを皆様も実感しているかと思います。日本においても緊急事態宣言が出され、密閉・密集・密接いわゆる3密を防ぐことや、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を考えた行動など、大きな制限がかかる状況となっています。

 

今回は感染症について、そしてこれからどう生きていくべきなのかを考えてみたいと思います。少々長くなりますがご了承ください。

 

人類の歴史は感染症との戦いの歴史とも言えます。ペストや新型インフルエンザ(スペイン風邪等)などが有名ですが、人類が根絶することに成功した感染症は天然痘のみです。抗生物質が効く細菌による感染症に比べ、今回の新型コロナのようなウイルスによる感染症についてはポリオや麻疹風疹などの一部を除いてワクチンや特効薬がありません。感染症が非常に恐ろしいものであることがわかります。

 

しかし、今回の新型コロナウイルス感染症は、各自の努力によって防ぐことが可能です。ウイルスは細胞膜がないので人体に入り込むことで増殖します。つまり、人体に入り込まなければ感染しません。当たり前の話ですが重要です。多くは口から摂取することで感染します。人と人の間に距離を取り、マスクをすることで飛沫を防ぎ、しっかりと手洗いをする。これだけでかなり予防することができます。不必要に恐れる必要はないのです。

 

また、ウイルスが体内に入り込んだとしても全員が発症するわけではありません。免疫力を高め、睡眠と栄養をしっかりとる。それも有効な手立てとなります。もちろん発症しなくても周囲の人に移してしまうわけですから、人と人との接触は避けるべきです。しかし、致命的な状況になりにくくすることは可能だということです。

 

予防できるとしても人と人との接触がある以上感染のリスクはあります。軽症者で病院があふれると、重症者や他の病気の患者が受け容れできず医療崩壊を起こします。これを防止するための緊急事態宣言です。私たちはしっかりと感染症対策を行いながら、人と人の接触を8割減らすという政府の宣言にのっとり、じっと耐える必要があるのです。

 

さて、ここまで堅苦しい話をしてみましたが、どうでしょうか。厚生労働省等の行政の情報発信を参考に上記の内容を語らせてもらいました。正しく恐れ、正しく対応する。それこそがこのような状況には必要だと思い、様々なところでこのようなお話をさせていただいています。

 

震災からの復興の時には絆という言葉が様々なところでよく使われました。人は支え合い、助け合い、手を取り合ってこれまでの困難な状況を克服してきたと言えます。しかし、「人と人の接触を極力減らす」というウイルスとの戦い方を現代に生きる我々は経験したことがありません。手を取り合うことは感染リスクを高め、致命的な状況を生むからです。今私たちは強烈に孤独を強いられているのです。

 

しかし、悪いことばかりではないと考えることもできます。新型コロナウイルス感染症の出現以降、今は家から出ないで人の接触を行わないことに価値があるという社会になっています。例えば、学校が休校になっているので「不登校」という概念が今はありません。オンライン授業やテレワークもこれからどんどん進むでしょうし、人と接触することに価値を置いていた時代が変わろうとしているのかもしれません。孤独が当たり前の時代になるとも言えます。日本人の特徴でもある「みんな一緒に価値がある」「異質なものは排除する」みたいな価値観が少しずつ崩れ、個を大切にした社会になっていくのではないでしょうか。

 

今私たちができることは、人と人との接触を極力避け、孤独に耐え、新しい価値観にアンテナを張っておくことだと考えています。何もしないことが正解なのです。めんどくさがりの人間にとって、こんなに素敵な環境はなかなかありません。思う存分、グータラしましょう。昼間からお酒を飲むのも良いでしょう。買ったまま読んでなかった本を読んだり、ゲームをしたり、踊ったり、動画を観たり、好きなことをやればいいんです。人との接触がないということは、人からの評価を気にしなくて良いということですから。家から出ないのであれば自分勝手に生きましょう。大事なことなのでもう一回言います。「家から出ないのなら、人からの評価は気にする必要がありません。自分勝手に生きましょう」。

 

ただし、手洗いだだけはしっかりとしてください。家族がいる人は家事や育児を分担しましょう。グータラは全員にもたらされるべきです。そういう同居人からの評価は気にしてください。みんなで気持ち良く生活しましょう。

 

孤独だからこそ、こういったインターネットの世界でつながりたいものです。励まし合って、笑いあって、乗り越えていきましょう。今回のメッセージの結論は「ジタバタしてもしょうがないのでグータラして楽しいことをしましょう!」というものでした。

 

ありがとうございました。今日も帰ったら大好きなビールを飲んでグータラしたいと思います。

 

 

f:id:abemarico:20200503150446p:plain

 

2020年 4月のメッセージ 担当:櫻井 由史

4月のメッセージをお伝えします。カウンセラーの櫻井由史です。

 

今回のメッセージは、今の世の中の状況を踏まえつつ、前向きな気持ち(次につながる気持ち)で作成しました。

先の見通しが立たない現状の中では、様々な情報で溢れています。不安な気持ちになるのは当たり前の反応です。でも、情報に振り回されてしまっては疲れてしまいます。

焦らずに、適切な情報を選択していくためのワンクッションが、心のゆとりにも繋がると思います。

今、様々な場所から、いろいろな方法で、エールが送られています。一人一人が“自分にできることを”という想いで動いており、それぞれの形があるようです。

どんな情報を得るのかは自分の意志によって選択できるものです(自分の力でコントロール可能なものです)。

嘘のない、気持ちに満ちたものに触れていけたらいいですね。

そして、今、どんなメッセージを送るのが良いのかと悩みもしましたが、どんな時でも“変わらない”という安心感も大切だと思い、内容的にはいつもと変わらない感じのメッセージをお送りすることにしました。

ただ、これまでのメッセージと比較すると、文字数が大幅に増えています。

お時間のある時に、どうぞ( ˘ω˘ )。

 

ここからはいつもの櫻井モードです。

軽やかな空気感になっていきますので、心の準備をよろしくお願いします。

 

さて、今年も桜の季節がやってきました。

毎年、このタイミングでは気持ちをリフレッシュして、新しい心持ちでスタートできるようにしています。

 

今回は、使っている手帳を新しくしただけでなく、ペンケースも変えてみました。

新しいものとの出会いやこれからの時間を共にするという、ちょっとわくわくする感覚がとても好きです。

 

そして、おそらく気づかれてはいないのではなかろうか…と思うのですが、

実は、ホームページのスタッフ紹介の<ひとこと>もひっそりと変えています。

 

この<ひとこと>って項目、個人的にはめちゃくちゃ重要だと思うんです。

これからの出会いのきっかけになるかもしれないですし、

今現在の関係性にも影響したりするかもしれないですからね。

 

ですので、“今の自分をできるだけ表現できる<ひとこと>を”という気持ちで掲載しました。

 

これまでの自分と変わることはありませんが、また新鮮な気持ちで進んでいきたいと思います。

 

 

さて、ここまでのお話と重なるところもあるように思うのですが、これからカウンセリングについての興味深い研究をご紹介したいと思います。

(堅苦しいことはあまり好きではない僕ですが、ちゃんと専門性もあることが伝わればいいな:笑)

 

僕たちカウンセラーは、カウンセリングの良さやメリットを理解している(信じている)ので、

“必要としている人にちゃんと届けばいいな、届けたいな”と思っています。

 

しかしながら、カウンセリングを受ける側の方は、“カウンセリングっていったいどういうものなんだろう?”というように、よくわからないことも多いのではないかと思います。特に、はじめての方は、先のイメージがないまま扉を開くような感覚かもしれません。

 

また、勇気を出して、扉を開いて、カウンセリングというものを体験してみたものの、“まだよくわからないなぁ”とか“意味あるのかなぁ”という感想が浮かんでくることもあると思います。

 

そういう場合に僕が思うのは、“無理に続けることは違うと思うけど、何回かは続けてみてもらえるとうれしいなぁ”という感じです。

 

カウンセリングは時間やお金のかかることですので、カウンセラーとしては、“1秒でも早く良くなれば”という気持ちは持ちつつも、“カウンセリングの効果(?)を実感するまでの時間は、人それぞれだったりもするんだよなぁ”とも思ったり。

 

カウンセリングって、即効性がある場合もありますが、

じわじわと、じんわりと、というパターンが多いと思います。

そのじんわ~りという感じは、僕はやさしさのように感じています。

カウンセリングはどこかやさしさが含まれているものだと思います。

 

ちょっと話の方向が変わってしまいましたね。

もとに戻しますと、カウンセリングについての興味深い研究のご紹介でした。

 

1992年、ランバート(Lambert)さんが心理療法(カウンセリング)のどのような側面が、どの程度、治療的な効果に影響しているのかをまとめたものになります。

 

この研究によりますと、以下の4つの側面が関係しているようです。

 

 

治療外の要因(40%)

 

治療関係(30%)

 

特定の理論や特定の介入技法(15%)

 

プラシーボ・期待(15%)

 

 

それぞれについて触れていきたいと思います。

 

まず、①の治療外の要因というのは、カウンセリングを受けた方がもともと持っている回復する力、悩みや抱えている問題の程度、周囲のサポートなど、直接的にはカウンセリングそのものとは関係のないものになります。“偶然の出来事をきっかけによくなった”なんていうものも含まれます。

それが40%を占めていて、割合的にはトップです。カウンセラーとしては“おぉ…(´・ω・`)”という感じでしょうか。

 

続いて、②の治療関係です。これはカウンセラーとカウンセリングを受けている方との関係性の影響です。要するに、良好な関係性がカウンセリングの治療効果に繋がるというわけです。関係性の中で味わう温かさ、安心感、信頼、理解してもらえているという感覚。あたりまえですが非常に重要ですよね。カウンセラーとの相性も含まれるでしょう。

 

カウンセラーは、この治療関係をものすごく大切にしているのではないでしょうか。

ここが構築できていないのであれば、それはカウンセリングとは呼べないような気もしますが、実はこういう関係性を構築することを目指していくこともカウンセリングの中には含まれます。 信頼できる、安心できるような関係性は、一朝一夕で築けるものではありません。

このあたりは、“カウンセリングの効果を感じられるまでには時間がかかるかもしれません”というニュアンスで上述した内容と関連します。

 

そして、③の特定の理論や特定の介入技法です。これはカウンセラーがカウンセリングの中で取り入れている方法(手法)のことを指します。いわゆる、認知行動療法とか催眠療法、自律訓練法とかそういうものです。その影響は15%なのです。意外と少なく感じますよね。

理論や技法は大切ですが、それだけでカウンセリングが効果的に機能するわけではないのです。

 

最後に、④のプラシーボ・期待です。これはカウンセリングを受けている人が抱く、“カウンセリングを受けることで良くなるだろう”という期待や希望のことです。適度な期待や希望は、治療効果に良い影響を与えます。逆に過度な期待やカウンセリングに対するマイナスな印象がカウンセリングの効果を薄めてしまうこともあります。

 

4つの側面に関して、それぞれ説明しましたが、皆さんの印象はいかがでしたか?

 

 

僕がこの研究をはじめて知ったのは、カウンセラーを目指して研鑽していた大学院生の頃です。

その時の印象としては、

なるほど、関係性ってすごく大切なんだなぁ。理論や技法を扱えるようになるのは何年先かわからないけど、関係性の30%に全力を注ぐことで、相手の方のためになることもできるってことだよなぁ

というもので、カウンセリングに対する期待が高まりました(これはプラシーボ!?)。

 

現在、その頃から10年が経ちます。

30%の関係性に全力を注ぐことはあたりまえ、15%の理論や技法を扱うことができてこそ、心の専門家

そのように思っています。

 

そして、カウンセリングを受けている方が、残りの55%を十分に発揮できるように関わるということもカウンセラーの役割だと思っています。

 

関係性の中で、関わっている方の中で何かが起こり、

どうなりたいかを思い描いて回復していく過程に寄り添う、

このお仕事には、やはり、やさしさが含まれていると思います。

 

やさしさといっても、包み込むやさしさ、相手のためを想って本音を伝えるやさしさなど、いろいろな形がありますけどね。

 

カウンセリングは奥が深いです。

 

 

f:id:abemarico:20200401183850p:plain

 

櫻井由史

2020年 3月のメッセージ 担当:斯波 涼介

こんにちは。カウンセラーの斯波です。

皆さん当然ご存じというか実感されていると思いますが、いま日本は、かなり大変なことになっています。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、多くの学校が休校になり、施設等も閉鎖され、イベント等も相次いで中止されています。

お仕事の仕方にも影響があり、時差通勤やテレワーク等の働き方をされている方も少なくないのではないでしょうか。私がスクールカウンセラーとして勤務している学校でも、児童・生徒たちは今年度の登校を終え、そのまま卒業だったり、次に会うのは新年度だったり……ということになりました。

 

この状況に「全く影響を受けていない」という人は、ほとんどいらっしゃらないと思います。しかし「どのくらい影響を受けているか」、その程度は人それぞれなのではないでしょうか。

「せっかくだから、家族でのんびり過ごそうと思う」という方もいらっしゃるでしょう。でも一方で、そんなに悠長というか、ポジティヴには捉えられない、とても困った状況になってしまっている方がいらっしゃるのも事実です。

 

車を運転している最中に流していたラジオの中で、パーソナリティが「こういう事態になってしまった以上『その環境の中でできること』を考え、少しでもよりよく生活できるよう工夫していくしかないのではないか」ということを話されていました。そしてまた、リスナーの方々の「我が家ではこういうことになっているので、こんな風に過ごしている」といったような、それぞれの過ごし方の紹介をされていました。それを聴いているうちに「そうだよな、本当に人それぞれだよな」と、私も思いました。

 

急激な環境変化は、ストレスを呼び起こします。ストレスを感知すると、人は時に不安になったり、イライラしたり、何かや誰かを責めたくなってしまうこともあります。TVやインターネット上にも、電車内等で起こったトラブルや悲しい事件が報道されていたりします。

ストレスが溜まり、何か・誰かを責めたいような気持になったときは、上に書いたように「状況も心境も人それぞれなんだ」という事実に立ち返ってみるのがいいかもしれません。自分の心には何か不安や不穏な気持ちがあるけれど、他の人も自分とは違う状況の中で、違うことを体験し、違う思いを抱いている。考えてみれば当たり前のことなのですが、自分がしんどいと、ついつい抜け落ちてしまいがちなところのような気もします。

 

残念ながら、状況が大変なのは事実です。ただ、その状況に翻弄され、余計に悲しい事態を生み出さないよう、少しでも平穏に生活できればいいな、と思います。

早く事態が収束することを、心よりお祈りしています。皆様のもとにも、可能な限りの平穏が訪れますように。

 

f:id:abemarico:20200304132418j:plain